Shitakiri Suzume - Learn from a Story

Sparrow
Duncan Shaw. Oxford Scientific

Here is another lesson “Learn from a Story”. I will introduce the Japanese folktale, “Shitakiri Suzume (舌切り雀)”. Click this link to read this story in Japanese.

むかし、むかし、ある所にやさしいおじいさんと意地悪なおばあさんが住んでいました。
おじいさんは雀が大好きで我が子のように可愛がっていましたが、一方で、おばあさんは雀は大嫌いでした。
ある日、おばあさんが庭で洗濯をしていると、雀が飛んできて洗濯のりを食べてしまいました。
おばあさんはたいそう怒って雀を捕まえると、舌をちょん切ってしまいました。かなしくなった雀は山の方に飛んで帰りました。
おじいさんはこの話を聞くと、その雀をあわれに思い、雀を探してお詫びを言うことにしました。

おじいさんは、山の中を、
「舌きり雀のお宿はどこかいな。」
と言いながら歩いて行きました。
おじいさんは、やっとのことで、竹やぶの中に雀のお宿を見つけると舌きり雀に会えました。
「申し訳ないことをしてしもうた。大丈夫かな。許してくれ。」
「わざわざお越しいただきありがとうございます。とてもショックでしたが、私が悪かったのです。夕飯でも召し上がって下さい。」

おじいさんは、その晩は雀のお宿で過ごしました。
次の朝、おじいさんが家に帰るとき、雀がこう言いました。
「これは私たちのお土産です。大きい箱と小さい箱がありますが、どちらがいいですか。」
「どちらも結構じゃが、どうしてもと言うのなら、小さいほうでよかろう。」
おじいさんは背中にお土産を背負って家に帰り、さっそく中を開けて見ると、大判、小判、着物、色々なものが入っていました。

おばあさんはおじいさんに言いました。
「どうして大きいのも持ってこなかったの。私が行って持ってくる。」
おばあさんは、
「舌きり雀のお宿はどこだ。」
と言いながら竹林の中に入って行きました。
おばあさんは舌きり雀に会いました。
「どうしてここに来たのですか。」
「お前さんに会いたくなったのさ。可愛がってやったからね。」
「そうですか、それではお入り下さい。」
「直ぐに、お土産の用意を。もちろん大きな箱。」
おばあさんは、やっとのことで背中に大きな箱を背負うと雀のお宿を去りました。

おばあさんは帰り道、箱の中身を見たくて見たくて仕方ありません。道で箱を下ろすと、ふたを開けて中を見ました。
何と、蛇や、お化けや、ムカデや、恐ろしいものが次から次へと出てくるではありませんか。
おばあさんは腰を抜かして気を失ってしまいました。

Romaji Translation

Mukashi mukashi, aru tokoro ni yasashii ojiisan to ijiwaruna obaasan ga sunde imashita.
Ojiisan wa suzume ga daisuki de wagako no youni kawaigatte imashita ga, ippou de, obaasan wa suzume wa daikirai deshita.
Aru hi, obaasan ga niwa de sentaku o shite iru to, suzume ga tonde kite sentaku nori o tabete shimaimashita.
Obaasan wa taisou okotte suzume o tsukamaeru to, shita o chon to kitte shimaimashita.

Kanashiku natta suzume wa yama no hou ni tonde kaerimashita.
Ojiisan wa kono hanashi o kiku to, sono suzume o awareni omoi, suzume o sagashite owabi o iu koto ni shimashita.

Ojiisan wa, yama no naka o,
"Shitakiri suzume no oyado wa doko kai na."
to iinagara aruite ikimashita.
Ojiisan wa, yatto no koto de, takeyabu no naka ni suzume no oyado o mitsukeru to shitakiri suzume ni aemashita.


"Moushiwakenai koto o shite shimou ta. Daijoubu kana. Yurushite kure."
"Waza waza okoshi itadaki arigatou gozaimasu. Totemo shokku deshita ga, watashi ga warukatta no desu. Yuuhan demo meshiagatte kudasai."

Ojiisan wa, sono ban wa suzume no oyado de sugoshimashita.
Tsugi no asa, ojiisan ga ie ni kaeru toki, suzume ga kou iimashita.
"Kore wa watashitachi no omiyage desu. Ookii hako to chiisai hako ga arimasu ga, dochira ga ii desu ka."
"Dochira mo kekkou ja  ga, doushitemo to iu no nara, chiisai hou de yokarou."
Ojiisan wa senaka ni omiyage o seotte ie ni kaeri, sassoku naka o akete miru to, ooban, koban, kimono, iroirona mono ga haitte imashita.

Obaasan wa ojiisan ni iimashita.
"Doushite ookii mono o motte konakatta no. Watashi ga itte motte kuru."
Obaasan wa,
"Shitakiri suzume no oyado wa doko da."
to iinagara takebayashi no naka ni haitte ikimashita.
Obaasan wa shitakiri suzume ni aimashita.
"Doushite koko ni kita no desu ka."
"Omaesan ni aitaku natta no sa. Kawaigatte yatta kara ne."
"Sou desu ka, soredewa ohairi kudasai."
"Suguni, omiyage no youi o. Mochiron ookina hako."
Obaasan wa, yatto no koto de senaka ni ookina hako o seou to suzume no oyado o sarimashita.

Obaasan wa kaerimichi, hako no nakami o mitakute mitakute shikata arimasen.

Michi de hako o orosu to, futa o akete naka o mimashita.
Nanto, hebi ya obake ya mukade ya, osoroshii mono ga tsugi kara tsugi kara detekuru dewa arimasen ka.
Obaasan wa koshi o nukashite ki o ushinatte shimaimashita.

Vocabulary

mukashi mukashi 昔々 --- Once upon a time
yasashii 優しい --- kind
ojiisan おじいさん --- an old man
ijiwaru 意地悪 --- mean
obaasan おばあさん --- an old woman
sunde 住んで --- the te-form of the verb "sumu (to live)"
suzume 雀 --- a sparrow
daisuki 大好き --- favorite
wagako 我が子 --- own child
kawaigaru かわいがる --- to love; to adore
ippou 一方 --- the other side
daikirai 大嫌い --- to hate
aru hi ある日 --- one day
niwa 庭 --- a garden; a yard
sentaku 洗濯 --- laundry
tonde 飛んで --- the te-form of the verb "tobu (to fly)"
tabete 食べて ---たいそう the te-form of the verb "taberu (to eat)"
taisou たいそう  --- very
okotte 怒って --- the te-form of the verb "okoru (to get angry)"
tsukamaeru 捕まえる --- to catch
shita 舌 --- a tongue
kitte 切って --- the te-form of the verb "okoru (to get angry)"
kanashii 悲しい --- sadお詫び
yama 山 --- a mountain
kaeru 帰る --- to return
aware あわれ --- pitiful
sagashite 探して --- the te-form of the verb "sagasu (to look for)"
owabi お詫び --- an apology
oyado お宿 --- lodging
doko どこ --- where
aruite 歩いて --- the te-form of the verb "aruku (to walk)"
yatto やっと --- at last
takeyabu 竹やぶ --- a bamboo grove
au 会う --- to meet
moushiwakenai 申し訳ない --- to feel sorry
daijobu 大丈夫 --- all right
yurushite 許して --- the te-form of the verb "yurusu (to forgive)"
wazawaza わざわざ --- expressly
shokku ショック --- shock
warukatta 悪かった --- a past tense of the adjective "warui (bad)"
yuuhan 夕飯 --- dinner; supper
ban 晩 --- a night
sugosu 過ごす --- to spend
tsugi 次 --- next
asa 朝 --- morning
omiyage お土産 --- a souvenir
ookii 大きい --- big
hako 箱 --- a box
chiisai 小さい --- small大判
dochira どちら --- which
kekkou 結構 --- good enough
doushitemo どうしても --- no matter what
seou 背負う --- to carry
sassoku さっそく --- at once
ooban 大判 --- a large-sized old Japanese gold coin
koban 小判 --- an oval gold [silver] coin
kimono 着物 --- clothes
kaerimichi 帰り道 --- way back
futa ふた --- a lid
hebi 蛇 --- a snake
obake お化け --- a ghost
mukade ムカデ --- a centipede
osoroshii 恐ろしい --- horrible, dreadful
koshi o nukasu 腰を抜かす --- to be unable to stand up
ki o ushinau 気を失う --- to lose one's consciousness