Tengu no Kakuremino - Learn from a Story

Tengu no Kakuremino

"Tengu no kakuremino" is one of the Japanese folk tales. Click here to learn more about tengu.

彦一さんというウソが上手い人がいました。 ある日、彦一さんは竹の筒を目にあてて、
「むむっ、これはすごい。はるか京の都まで見えるぞ!」
と、ひとりごとをいっていました。 すると、天狗が飛んできて、
「おい、うそつき。そんなもので京の都が見えるわけがないだろう」 と、恐い顔をしていいましたが、彦一さんはふぜんとして、
「うそなもんか。これははるか昔から伝わる遠めがねというものだ。これをのぞけばどんなとおいところも見えるんだぞ。おお、京の都の姫様が歩いておる。」
と、いいました。彦一さんがあまりにも自信たっぷりだったので、天狗は遠めがねというものを自分でものぞいてみたくなり、
「そんなにいうならわしにも見せてくれ」
と、いいました。

「だめだめ。これは大事なものなんだから、ただではかせないね」
「そうだ。かくれみのをやる。これとその遠めがね交換してくれ。これを身につければ姿がきえて見えなくなるのだ」
彦一さんは、天狗のかくれみのをうけとると、
「そんならかしてやろう」
といって、竹の筒を天狗にわたすと、いそいでみのをきてしまいました。
天狗が竹の筒をのぞいてみると、京の都どころか目の前のものさえ見えません。遠めがねというのはまっかなウソで、穴さえ開いていない、ただの竹の棒でした。

「彦一め、だましたな!」
天狗はカンカンにおこって彦一さんをさがしましたが、かくれみのをきているので、みつけられず、竹の筒を投げすてると、あきらめて山へ帰っていきました。

彦一さんは、天狗のかくれみのを着て、そば屋でおいしいおそばをたらふく食べると、お金をはらわないで店をでました。店の人が、あわてておいかけてきましたが、彦一さんはかくれみのをきているので姿がみえません。
食いにげがうまくいったので、それからははたらきもせず、かくれみのをつかってお金をぬすんで気ままにくらしていました。

ある日、彦一さんがるすのあいだに、奥さんがたんすの整理をしていて古ぼけたみのをみつけました。
「いやだよ、こんなきたないもの、誰がたんすにいれたんだろ」
奥さんはみのをゴミといっしょに焼いてしまい、そこへ彦一さんがかえってきて、いつものようにかくれみのをつかってぬすみに出ようとすると、たんすにしまっておいたみのがみつかりません。
「おい、かかあ。ここにしまっておいたみのをしらんか」
「さっきゴミといっしょに燃やしちまったよ」
彦一さんがあわてて見にいくと、みのはすっかり灰になっていました。

しかたなく、灰をひろいあつめて体にぬってみると、かくれみののききめがまだのこっていて、体が見えなくなりました。
「ようし、これでさいごの大仕事だ。長者さんの蔵から千両箱をぬすんでやる」
かくれみのの灰を体じゅうにぬりたくって姿をけした彦一は、これから千両箱をぬすみだすと思うと、小便がでそうになりました。道ばたで立ち小便をすると、小便が足にかかって灰がとれてしまいました。けれど、彦一さんは気づきません。

そのまま長者さんの屋敷にいき、いつもの調子で入口からどうどうと屋敷にあがりこみましたが、廊下ですれちがったお手伝いさんが悲鳴をあげました。
「きゃー、足だけの化け物があるいてるー」
彦一さんはびっくりして、あたりをきょろきょろ見まわしたところ、自分の足が見えているのに気づき、あわてて逃げ出しましたとさ。

Romaji Translation

Hikoichi-san to iu uso ga umai hito ga imashita. Aru hi, Hikoichi-san wa take no tsutsu o me ni atete,
"Mumu, kore wa sugoi. Haruka Kyou no miyako made mieru zo!"
to, hitorigoto o itte imashita. Suruto, tengu ga tondekite,
"Oi, usotsuki. Sonna mono de Kyou no miyako ga mieru wake nai darou." to, kowai kao o shite iimashita ga, Hikoichi-san wa fuzen to shite,
"Uso na mon ka. Kore wa haruka mukashi kara tsutawaru toomegane to iu mono da. Kore o nozokeba donna tooi tokoro mo mieru n da zo. Oo, Kyou no miyako no himesama ga aruite oru."
to, iimashita. Hikoichi-san ga amarinimo jishin tappuri datta node, tengu wa toomegane to iu mono o jibun demo nozoite mitaku nari,
"Sonnani iu nara washi nimo misete kure."
to, iimashita.

"Dame dame. Kore wa daiji na mono nan dakara, tada dewa kasenai ne."
"Souda. Kakuremino o yaru. Kore to sono toomegane koukan shite kure. Kore o mi ni tsukereba sugata ga kiete mienakunaru no da."
Hikoichi-san wa, tengu no kakuremino o uketoru to,
"Sonnara kashite yarou."
to itte, take no tsutsu o tengu ni watasu to, isoide mino o kite shimaimashita.


Tengu ga take no tsutsu o nozoite miru to, Kyou no miyako dokoroka me no mae no mono sae miemasen. Toomegane to iu no wa makkana uso de, ana sae aite inai, tada no take no bou deshita.

"Hikoichi me, damashita na!"

Tengu wa kankan ni okotte Hikoichi-san o sagashimashita ga, kakuremino o kiteiru node, mitsukerarezu, take no tsutsu o nagesuteru to, akiramete yama e kaette ikimashita.

Hikoichi-san wa, tengu no kakuremino o kite, sobaya de oishii osoba o tarafuku taberu to, okane o harawanaide mise o demashita. Mise no hito ga, awatete oikakete kimashita ga, Hikoichi-san wa kakuremino o kiteiru node sugata ga miemasen. Kuinige ga umaku itta node, sorekara wa hataraki mo sezu, kakuremino o tsukatte okane o nusunde kimama ni kurashite imashita.

Aru hi, Hikoichi-san ga rusu no aida ni, okusan ga tansu no seiri o shite ite furuboketa mino o mitsukemashita.
"Iya dayo, konna kitanai mono, dare ga tansu ni ireta n daro."
Okusan wa mino o gomi to isshoni yaite shimai, soko e Hikoichi-san ga kaette kite, itsumo no youni kakuremino o tsukatte nusumi ni deyou to suru to, tansu ni shimatte oita mino ga mitsukarimasen.
"Oi, Kakaa. Koko ni shimatte oita mino o shiran ka."
"Sakki gomi to isshoni moyashichimatta yo."
Hikoichi-san ga awatete mini iku to, mino wa sukkari hai ni natte shimaimashita.

Shikatanaku, hai o hiroiatsumete karada ni nuttemiru to, kakuremino no kikime ga mada nokotte ite, karada ga mienakunarimashita.
"Youshi, korede saigo no ooshigoto da. Chouja-san no kura kara senryoubako o nusunde yaru."
Kakuremino no hai o karadajuuni nuritakutte sugata o keshita Hikoichi wa, korekara senryoubako o nusumidasu to omou to, shouben ga desou ni narimashita.

Michibata de tachichouben o suru to, shouben ga ashi ni kakatte hai ga toreteshimaimashita. Keredo, Hikoichi-san wa kizukimasen.

Sonomama chouja-san no yashiki ni iki, itsumo no choushi de iriguchi kara doudou to yashiki ni agarikomimashita ga, rouka de surechigatta otetsudaisan ga himei o agemashita.
"Kyaa, ashi dake no bakemono ga aruiteiru"
Hikoichi-san bikkurishite, atari o kyorokyoro mimawashita tokoro, jibun no ashi ga mieteiru noni kizuki, awatete nigemashita to sa.

Vocabulary

uso うそ --- a lie
umai うまい --- good
take 竹 --- a bamboo
tsutsu 筒 --- a tube
me 目 --- an eye
sugoi すごい --- great
miyako 都 --- a city
mieru 見える --- to be seen
hitorigoto ひとりごと --- talk to oneself
tengu 天狗 --- goblin
tonde 飛んで --- the te-form of the verb "tobu (to fly)"
usotsuki うそつき --- a liar
kowai 怖い --- fearful; frightening; horrible
kao 顔 --- a face
haruka はるか --- far
mukashi 昔 --- the old days, the past
tsutawaru 伝わる --- to come down
toomegane 遠眼鏡 --- a telescope
nozoku のぞく --- to look
tooi 遠い --- far
himesama 姫様 --- a princess
jishin tappuri 自信たっぷり --- full of confidence
misete 見せて --- the te-form of the verb "miru (to show)"
dame だめ --- no good
daiji 大事 --- important
tada ただ --- free
kasu 貸す --- to lend
kakuremino かくれみの --- a cloak that makes the wearer invisible
koukan 交換 --- exchange
mi ni tsukeru 身につける --- to wear
sugata 姿 --- a figure
kiete 消えて --- the te-form of the verb "kieru (to disappear)"
uketoru 受け取る --- to receive
kashite 貸して --- the te-form of the verb "kasu (to lend)"
isoide 急いで --- in a hurry
makkana 真っ赤な --- bright red
ana 穴 --- a hole
tadano ただの --- ordinary; common
bou 棒 --- a stick
damasu だます --- to cheat
okotte 怒って --- the te-form of the verb "okoru (to get angry)"
sagasu 探す --- to search
nagesuteru 投げ捨てる --- the te-form of the verb "nagesuteru (to throw away)"
oishii おいしい --- delicious
tarafuku たらふく --- as much
taberu 食べる --- to eat
okane お金 --- money
harau 払う --- to pay
mise 店 --- a store
kuinige 食い逃げ --- to leave without paying the bill
hataraku 働く --- to work
nusumu 盗む --- to steal
kimama 気まま --- willful
kurasu 暮らす --- to live
aruhi ある日 --- one day
rusu 留守 --- absence
okusan 奥さん --- a wife
tansu たんす --- a chest of drawers; a wardrobe
seiri 整理 --- put thin in order
furuboketa 古ぼけた --- old
mitsukeru 見つける --- to find
kitanai 汚い --- dirty
dare 誰 --- who
gomi ごみ --- garbage
yaite 焼いて --- the te-form of the verb "yaku (to burn)"
itsumo no youni いつものように --- as usual
nusumi 盗み --- theft
sakki さっき --- a short time ago
moyasu 燃やす --- to burn
awatete 慌てて --- the te-form of the verb "awateru (to be flurried)"
sukkari すっかり --- completely
hai 灰 --- ash
shikatanaku 仕方なく --- against one's will
atsumete 集めて --- the te-form of the verb "atsumeru (to collect)"
karada 体 --- a body
kikime 効き目 --- an effect
mienai 見えない --- not to be seen
saigo 最後 --- the last
ooshigoto 大仕事 --- big job
kura 蔵 --- a storehouse
senryoubako 千両箱 --- a chest for (keeping) gold coins
shouben 小便 --- pee
ashi 足 --- leg
kizuku 気づく--- to find out
yashiki 屋敷 --- a mansion; a residence
iriguchi 入口 --- an entrance
doudouto 堂々と --- stately
rouka 廊下 --- a corridor
otetsudaisan お手伝いさん --- a maid; a helper
himei 悲鳴 --- a scream
bakemono 化け物 --- a ghost
bikkuri びっくり --- to be surprised
kyorokyoro きょろきょろ --- to look around
nigedasu 逃げ出す--- to run away